「高すぎる。猫への解像度が…」気鋭の“猫研究者”が話題のゲーム『Stray』に感じた“正直な印象”とは

 みんなが「いいね」と言ったから、七月十九は“茶トラ”記念日ーーなんてパロディをしてみたくなるくらい、7月19日のTwitter上には茶色いトラ猫の動画が大量に溢れ返った。一体何があったのか。

【写真】この記事の写真を見る(5枚)

『Stray』では、プレイヤーは迷子の茶トラになって未来都市をさまよい歩く(画像はPlayStation公式サイトより)

 この日、新作ゲーム『Stray』がついに発売されたのだ。「猫になってサイバーパンクな未来都市を散歩する」という斬新な世界観で、2015年の開発開始以降あらたな発表がある度に大きな話題となっていた作品である。

 待ちに待った「猫ゲー」の発売に、幾百万のゲーマーが心を躍らせた。猫好きも心を踊らせた。リリース後、『Stray』のプレイ動画はすぐさまSNSでシェアされ、大きな反響を呼んだ。

 主要プラットフォームのSteamで早くも「2022年の最も平均評価が高いゲーム」となった異色作(Steam250調べ)。とりわけ好評を博したのは「猫ならでは」の動きを再現した遊び心あふれるアクションの数々と、その再現度の高さである。

 だが、一見リアルに見える『Stray』の猫は、実際どの程度リアルなのだろうか。あるいは、近未来の猫という設定を生かし、現代の猫とは異なる性質がひそかに描かれていたりもするのではないか。

 ここでは、「猫は同居している人や猫の名前を理解している」など、ユニークな研究成果を報告している気鋭の猫研究者である動物心理学者の高木佐保さんの見解を紹介する。(全2回の1回目/続きを読む)

◆◆◆

「高すぎる。猫への解像度が……」

――今日はTwitterで話題になっていた『Stray』のプレイ動画をご覧いただき、お気づきになった点をざっくばらんに伺えればと思います。まずはゲーム開始直後のチュートリアル的なシーン。他の猫に近づいてボタンを押すとコミュニケーションができることが示されます。

高木 「猫への解像度が高い」と書かれていますが、たしかにすごくリアルな描写は多いですよね。例えばここ、このシーン。

高木 茶色の猫が三毛猫に近づいてから身体を弓なりにしていますよね。これは猫の“挨拶”なんですけど、非常に再現度が高い動き方だなと思いました。

――定番の挨拶なんですね。たしかに見たことあるような動作です。

高木 欲を言えば、茶色い猫がしばらく尻尾を上げ続けて「三毛猫が茶色のお尻のニオイを嗅ぐ」という動作が入るともっとリアルです。

 今は弓なりになった後サッと座っちゃってますが、お尻のニオイにはすごい情報が詰まっていて、それを相手に嗅がせることが挨拶になるわけなので。

――では、これはまだ正式には挨拶が済んでいない状態ですか?

高木 そうなるかもしれませんね。近くに座るにしてもあっさり立ち去るにしても、こういう場面だとお尻のニオイは嗅がせるし、嗅ぎますね、大体。

――でもこの場面、三毛猫の方は座ったままでいいんでしょうか。ニオイで挨拶をするなら、三毛も茶トラに対してお尻を差し出さないと不公平な感じがします。

高木 いえ、それは大丈夫です。まずは行った方から挨拶するのが基本ですので。

――「拙者、これこれこういうものに御座る」と。

高木 そうですね。もちろんこの一連のインタラクション(交流)の後に三毛が茶トラにニオイを嗅がせるという展開も起こり得ますが、まずは行った方がお尻を出せばOKです。

 ちなみに先程リアルな動きだとは言ったものの、身体を弓なりにするのは「甘え」のポーズなので、猫から猫に対してやることはそんなに多くありません。人間の足元に寄ってくるときや、子猫が親猫に対してすることが多い動作ではあります。

 でも、その後の仕草は自然ですね。近くに座ってみるけど、少し相手を舐めたらすぐに立ち去ってしまう感じ。この淡白さ。インタラクションがそんなに長く続かないのは猫らしいコミュニケーションです。別れが名残り惜しいとか、そういう素振りは一切見せてくれないんですよねえ……。

リアルすぎる猫の振る舞い

高木 2匹目、3匹目の猫とのインタラクションもリアルです。片手パンチでちょっかいをかけてからゴロンと仰向けになって「遊ぼうよ」と誘う。でも、これもあっさり終わってしまう。

 続けて黒猫の尻尾にじゃれついていきます。動いているものなので、尻尾は狙われやすい部位なんですよね。誰かが尻尾にパンチをして、そこからケンカや遊びが始まっていく。そういうパターンは非常に多いです。

――挨拶はお尻からで、遊びは尻尾から。

高木 あるあるですね。

 でも、動くものに猫が反応するのは反射的な行動でもあるので、自分のパンチしているそれが「猫の尻尾」だとは認識してないかもしれないです。尻尾の持ち主のこととか全く考えてなくて、とりあえず動いているから手を出しちゃうみたいな。

――なるほど。この動画は概ね以上になりますが、一通り見てきた感触としてはいかがでしょう。みんなにちょっかいを出していく様子を見ると、この茶色い猫はかなり甘えん坊というか、“かまってちゃん”な印象だったりしますか?

高木 そうですね。それもありますが、何よりこの猫たちがかなり仲のいい「顔見知りの猫集団」なんだなという印象が強いです。知らない猫同士だとこんなことは絶対にできないし、お互いに接近することも難しいですからね。こういう距離感でいられるというのは関係性がだいぶ深いんだろうなと思わされます。

ペットの猫が画面に表示される“ゲーム猫”に反応する行動の意味とは?

――『Stray』はゲーマーや猫好きからだけでなく、現実の猫たちからの反響も大きいようです。こうした動画をネットでいくつか見つけることができました。

高木 猫は個体によってテレビに反応する子/しない子がはっきり分かれますが、この子はテレビが好きなようですね。

 また、反応する対象にもかなり幅があって、お相撲さんに反応する子、気象予報士が手に持っている棒の動きに反応する子などなど、いろいろいますが、この子は「猫の形」に反応する子だなというのもわかります。画面が全く動いていないときも茶色い猫をさわりにいっているので、動きよりも形に敏感なのだと思われますね。

――この猫ちゃんとしては「そこに猫がいるのに触れなくて不思議!」みたいな心理なのでしょうか。

高木 いえ、2Dと3D(画面内と現実空間)の違いはおそらく猫も認識しているはずなので、「触れないとはわかっているけどつい反応しちゃう」みたいな感じかなと思います。

――ちゃんとわかっているんですね。

高木 そうですね。まだ論文にはなっていないのですが、同僚がまさに実験を進めていました。猫の前に滑り台を設置してオモチャを転がすのと、滑り台にオモチャを転がしている映像を見せるのとでは猫が反応する(オモチャを追いかける)頻度に違いがあるかどうかを検証する実験です。

 結果としては、リアルの方が高い頻度で反応するけど、映像にも十分反応するといったもので、おそらく人間と同じように2Dの3Dの違いは分かりつつ、2Dは2Dで楽しんでいるということじゃないかなと思っています。

猫はバーチャル猫と恋に落ちる?

――話が少し脱線しますが、猫が「CGの猫を見て恋に落ちる」ようなことってあるんでしょうか。『her/世界でひとつの彼女』(孤独な男性が女性ボイスの音声AIを好きになるストーリー)や『ブレードランナー2049』(主人公は家庭用AIと恋人的な関係にある)といった映画では、バーチャルな存在との恋愛が描かれることがよくあります。テレビ画面を熱心にさわる様子を見て、猫にもそういう事態が起こり得るのかどうか気になりました。そもそも猫に恋愛感情ってあるのでしょうか?

高木 猫に恋愛感情があるか……?

 うーん……。そうですねえ。それは難しいところです。そもそも恋愛ってどうなんでしょう。ヒトの場合、恋愛してから繁殖するケースが多いでしょうか。そう考えると「恋愛=繁殖の前段階」と解釈できますかね。

 猫の繁殖行動について言えば、まずメスに発情期が来て、そこへオスがアピールしに行く形で行われます。なので「恋愛=繁殖の前段階」とするならば、発情期のメス猫に対してオス猫が抱く感情=恋愛感情ですか。それならあると言えるかもしれません。

 オスは、“発情しているメスならどの猫でもいい”というわけではなく、ある程度しっかり相手を選んでいるようです。なので「(他の猫ではなく)この子と繁殖したい」といった感情があるように見えますし、であれば、それは人間の恋愛に近いものかもしれないな……と今思いました。(#2に続く)

現実の猫では考えづらい行動もある… それでも『Stray』が猫好きゲーマーの間で「リアルすぎる…」と話題になる“納得の理由” へ続く

(いいだ,高木 佐保)

ジャンルで探す