睡眠時無呼吸症候群(SAS)をセルフチェックする10の項目

 それまでは一部の医療関係者か、この症候群を経験した人くらいしか知らなかった「睡眠時無呼吸症候群(Sleep Apnea Syndrome=SAS)という用語が、一気に世間に知れ渡ったのは2003年のこと。山陽新幹線の運転士が走行中に居眠りをして、列車集中制御装置が作動して緊急停止する、という事故がきっかけだった。

 寝不足の授業中や、食後の会議などであくびを噛み殺して眠気と闘う――といった経験は誰にでもあるだろう。しかし、SASの眠気は、ただの眠気とはレベルが異なる。まさに「耐え難い」という表現が当てはまる強烈なもので、この睡魔に打ち勝つことは不可能だという。

“肥満に多い”という誤ったイメージ

斎藤恒博医師

 そんな強烈な眠気を催すSASの仕組みについて、専門医療機関「グッドスリープ・クリニック」院長の斎藤恒博医師に聞いた。

「睡眠中に呼吸が止まる理由はいくつかあります。仰向けで寝ることで、舌根や口蓋垂(いわゆる「のどちんこ」)、軟口蓋などの柔らかい組織が落ち込んで、気道を塞いでしまうのです。気道が塞がれば窒息状態になります。十数秒から長い人で1分以上呼吸が止まることもあり、その間当人は意識のないまま苦しんでいるのです」

 呼吸は止まっても、そのまま窒息死することはない。もがき苦しんでいるうちに呼吸は再開するのだが、本来の広さを持たない気道で無理やり空気を出し入れするため、「いびき」が発生する。黙っていれば呼吸は止まっていて、呼吸をすればいびきが響く。そんな状態で何時間寝たところで、疲れが取れないのも当然のことなのだ。

「意識のない睡眠中のこととはいえ、断続的に呼吸苦に陥っていることに変わりはなく、見た目は寝ていても体は起きています。特に気道が再開する時には、自律神経のうち、本来活動的な時に優位になる交感神経が活発になるため、脳も体も安静を保てなくなります。そのしわ寄せが、日中の“耐え難き眠気”となって現れるのです」(斎藤医師)

 SASというと、肥満やメタボリックシンドロームの人に多い、というイメージがある。まだこの症候群の存在が世間に知られていなかった時代、当時の横綱大乃国(現・芝田山親方)が重度のSASに見舞われ、体調を崩したという経験も話題になった。

「肥満は重要なリスク要因です。気道の周囲に脂肪組織が多くなると、それだけでも気道が狭くなることがあります。重度の肥満患者には、横にならなくても呼吸がしにくくなる人もいますよ」

 確かに、立っているだけで「ヒューヒュー」とか「ピーピー」とか“音を伴う呼吸”をしている人を見かけることがある。多くはハンバーガーとコーラとサスペンダーが似合うタイプの体型だ。

 しかし、斎藤医師は言う。

「“SAS=肥満”と考えるのは早計です。痩せている人にもSASはたくさんいます。特に日本人には……」

 原因は「あごの小ささ」だ。

「あごの骨が小さい人が横になると、周囲の肉が骨の内部に収まり切れずに垂れてきて、やはり気道を塞いでしまうのです。弥生系の人種は“あごが小さい”という骨格的な特徴があり、日本人はこれに当てはまる人が多い」

心臓に負荷がかかり、命を落とすケースも

 先ほど、SASで窒息死することはない――と書いたが、窒息とは別の理由で命を落とすことはある。代表的なのが心筋梗塞だ。

「呼吸が止まると、心臓や血管には強い負荷がかかります。連日連夜ダメージを受け続けていれば血圧は高止まりとなる。つまり、夜眠ることが心筋梗塞のリスクを高める行為になってしまうのです。事実、深夜や明け方の睡眠中に命を落とす“突然死”の中でSASが引き金となっているケースは少なくありません」

 こうなると話は穏やかではない。対策が急がれる。

 夫婦でも恋人同士でも構わない。隣で寝るべき人がいれば、呼吸停止やいびきの有無を確認してもらい、少しでも該当するなら検査を受けるべきだ。

 同衾者がいない場合は、次に挙げるセルフチェックを試して、一つでも該当するなら医師に相談すべきだろう。

・十分な睡眠時間を取っているのに日中に強烈な睡魔に襲われる。あるいは疲労が抜けない
・自分のいびきに気付くことがある
・寝汗をかく
・肥満
・顎が小さい
・扁桃腺肥大や慢性鼻炎、副鼻腔炎(ちくのう症)がある
・口で呼吸している
・高血圧
・慢性的な頭痛持ち

 こうしたケースで医療機関を受診すると、呼吸計測器を使った検査が行われる。専門の医療機関なら1泊入院で、そうでなければ測定器を貸し出し、自宅で装着して一晩眠って検査を行う。

 睡眠中の呼吸状態と酸素飽和度の動きを確認し、一定の数値を超える呼吸停止が確認されれば治療の対象となる。

©iStock.com

 治療法は大きく2種類。軽度の場合は、下顎を前に出すような形で歯の位置を固定するマウスピースを使って眠る方法。これを装着すると、アントニオ猪木参議院議員のものまねをしているような感覚に襲われる。多くの人はこれを装着した時、「なんだこの野郎……」と言ってしまうと思う(上下の歯が固定されているので「ダーッ!」は言えない)。

 このマウスピースを装着しても、見た目にはそれほどあごは突き出ていないのだが、肥満がなくて、あごが小さいことだけが原因の人なら、これで改善できることは多い。

 一方、重度のSASの場合は、さらに大技が必要になる。CPAPという、ふとん乾燥機のような機械につながったマスクを鼻に装着し、半ば強制的に空気を送り込む方法だ。

「見た目は大掛かりですが、重症の人ほどCPAPによる改善の度合いも大きい。これを使って熟睡を経験してしまうと、もう手放せなくなる人が大半です」

 斎藤医師によると、最近は旅行や出張にもCPAPを持って行く人が増えているという。

 マウスピースもCPAPも、最初は違和感を覚えるかもしれないが、慣れてしまえば問題はない。

 実は筆者も、昨年検査を受けたところ「軽度のSAS」と診断されて、マウスピースを作った。はじめの1週間ほどはあごが疲れて目が覚めたりしたが、すぐに馴れた。今ではすっかり馴染んでおり、マウスピースを付けたまま水も飲めるようになった。「なんだこの野郎……」は今でも時々言う。

「眠気くらいで大袈裟な……」と考えるのは危険だ。

「いびきくらいかかせてくれ……」と威張るのは命知らずだ。

 放置して眠り続けていると、それが「永遠の眠り」になってしまうかもしれませんよ。

(長田 昭二)

ジャンルで探す