東京センベロ巡礼! 神田の大衆酒場『つみき 瓦』の「ハラミの1本焼き」はお酒が進みすぎる優秀つまみ!

食楽web

 センベロ・はしご酒で“あるある”なのが、「ね~、そろそろ座って飲める店に行かない?」。最初は立ち飲みで楽しんでいても、いざ3件目、4件目となると、腰を据えてじっくり飲みたくなるってもんです。

 若さ? 体力? どっちが原因なのかはさておき、座って飲めてリーズナブルでおいしいお店、もちろん神田エリアにもございます!

 JR神田駅のガード沿いの道から、ちょっと小道に入ったところにある『もつ焼き大衆酒場 つみき 瓦』。昼はグラム数が選べるハラミステーキ定食、夜はモツ焼きが評判のお店です。

「ハラミ1本焼き」300円(税込み324円)、「串焼き」各100円(税込み各108円)、「バリキング」380円(税込み410円)

 もつ焼きは1本100円(税込み108円)で10種~、もちろん1本から注文オッケー、串のほかにも、煮込みや焼き物など、お酒にあうモツ料理が揃っています。

 モツ以外のつまみも、「もやしナムル」、「みそきゅうり」各280円(税込み302円)など手頃な価格帯。全般的に1品200円台後半~400円台といったところ。安心して座ってセンベロ開始です。

「バリキング」。モツをつまみに飲むときはこれがイチオシ!

 ちなみに「バリキング」とは、サッポロビールから販売しているリキュール。ショウガなど植物エキスのほのかな苦味が特徴で、ビールよりも軽やか、すっきりさっぱりした味で、モツの濃厚な味わいをすっきり洗い流してくれます。ちょっと昭和を感じるラベルもいい感じです。

「ハラミ1本焼き」。大根おろしとポン酢につけて

「あったかいうちに食べて!」と受け取ったのはハラミ1本焼き。さっきまで焼き台で焼かれていた、できたてアツアツの一皿。最初はハラミだけ、次は敷いてあるタマネギスライスと一緒に。噛むごとに旨味が出てくるハラミ肉、さっぱりポン酢、そしてシャキシャキのタマネギ。絶妙のバランスで酒が進みます。炭のスモーキーな香りもほんのり。これ、あったかいうちに、って言われたの納得です。香りも楽しむには、できたてが最強!

注文が入るごとに焼くため、アツアツできたてを味わえる。立ち上る煙がさらに食欲をあおる!

 朝締めの新鮮なモツは、臭みを全く感じません。旨味がギュッと濃縮されたおいしさです。しみじみ、モツは鮮度によって味が全然違ってくることを実感します。ガツ刺しやレバーなどは低温調理でサッと火を通し、生に近いおいしさを作り出しているとのこと。串モノは塩、みそ、ニンニクのタレからセレクトできますが、モツ初心者の場合、最初は店おすすめの食べ方で。

「モツ串」。カシラ(左)、チレ(右)。甘辛のみそダレで

 続いて出てきたのは串モノ。串1本がカシラ、2本がチレ。チレは豚の脾臓です。脾臓って確か、免疫パワーアップ器官だよね? 花粉症の時期に食べたら効きそう? 勝手なイメージだけれど。カシラは、頭が良くなるといいなぁ……。

 もちろん臭みは一切感じません。みそダレは甘辛のしっかりした味ですが、濃ければ濃いほど、バリキングのスッキリした喉越しに合う! 異なる食感が楽しくて、チレ一口、バリキング一口、カシラ一口、バリキング一口と、濃厚からのスッキリ、スッキリからの濃厚、をつい楽しんでしまいます。

税込みでトータル1,050円。ちょっとはみ出てしまったけれど、このボリュームでこの金額はかなりリーズナブル

 もうすぐお花見シーズン。ここのモツ料理持って花見したいなぁ~、なんて思っていたら「実は桜のシーズンは、足立区にある舎人公園の噴水前広場に毎年出店しているんですよ。ただ、串ではなく、ハラミステーキなんですが。おいしいハラミを食べつつ花見、最高ですよ~」。

 えっ! そうなんですか? それなら今年の花見は舎人公園、決定です! 昼間は舎人公園で花見してハラミ、日が暮れたら神田に移動して串や煮込み。なんか楽しそう。

 テーブル席とカウンター席があり、ひとりでも3~4人でも座って味わえるので、センベロ2件目、3件目に最適の店。ついゆっくり過ごしてしまいます。次回は昼の「ハラミステーキ定食」か、それとも舎人公園でお花見ハラミステーキか。安いのに激ウマのモツ串10種コンプリートもいいなぁ~。とにかく再訪決定! また行きたい、常連になりたいお店が増えたのでした。

(取材・文◎石澤理香子)

●SHOP INFO

店名:もつ焼き大衆酒場 つみき 瓦

住:東京都千代田区鍛冶町2-7-10 三新ビル 1F
TEL:03-6206-8929
営:11:30~13:30(LO)※ランチ、17:00~23:00(LO)
休:日曜
※価格は全て税抜

ジャンルで探す