「パチスロ中毒」の男性を“更正”させた友人の一言

「一生パチスロで食べていく」と考えていたIさんだったが(イメージ)

 日本中どこへ行っても見かけるのがパチンコ屋。当たりを引いて玉がジャンジャン出てきた時の気持ち良さは、他ではなかなか体験できないが、どっぷりハマりすぎて身を持ち崩す人も少なくない。厚生労働省の調査によれば、国内のギャンブル依存症の人数は320万人と言われているが、都内に住む30代の男性・Iさんは、友人の適切過ぎる一言で、パチスロ中毒から極めて理性的に抜け出ることができたという。

 Iさんがギャンブルに魅せられたきっかけは小学生の頃。父親が大の麻雀好きで、小学校低学年でルールを覚え、家庭麻雀で徹底的に鍛えられたという。中高時代にはゲームセンターに通いつめ、トランプ、将棋、テレビゲーム、ボードゲームなど、あらゆるゲームにハマったIさんが、パチンコに魅力を感じるのは時間の問題だった。Iさんが振り返る。

「高校時代はさすがにパチンコはやりませんでしたが、大学の合格発表を見に行って、その帰りに高田馬場のパチンコ屋に行ったのがデビュー戦です。ハマるまではあっという間でした。大学入学後は、出席を取る授業以外はすべてサボって、ほとんどパチンコ屋にいました。自分はパチンコよりパチスロ派でした。パチンコ雑誌は隅から隅まで熟読していましたし、開店時間のはるかに前から並んで良い台を確保したりしていたので、大損することはほとんどありませんでした」

 池袋のパチンコ屋では、隣の台に座った男性から、「ウチのチームに入らないか?」と、パチプロ集団に勧誘されたこともあったというIさん。まだ、“パチプロ”と呼ばれる、パチンコやパチスロで生活していける人がいた当時、Iさんもいっぱしのサラリーマン並みに稼いでいたという。

「ほぼ毎日、1日5~6時間打って、月に20万~30万円勝っていました。私は実家が23区内にありましたが、親には『学校の図書館で勉強したい』と適当なことを言って、パチスロで稼いだお金で大学の近くに一人暮らしをしていました。

 同級生は時給800~900円ほどでバイトをしていましたが、時給換算すると自分の方が圧倒的に高かったので、当時は調子に乗っていましたね。バイトなら嫌なことも色々ありそうですが、パチスロならイヤな客に頭を下げることもないですし、行きたくなければ家で寝ていればいいだけのこと。当時、“東大卒のパチプロ”がパチンコ雑誌で連載していて、『自分もこういう風になりたいな』と思っていました」

◆「大学を出て、年収が360万円って安くない?」

 しかし大学を卒業する時期が近づいた時、友人に言われた一言でIさんはふと我に返ったという。

「最初は就職活動などしないで、このままパチスロで食っていこうと本気で思っていましたが、ある時、友人にそのことを話すと、『パチスロでいくら稼いでいるんだ?』と聞かれました。そこで私が『月30万円ぐらいかな』と答えると、『それ以上増える見込みはあるわけ?』『大学を出て、年収が360万円って安くない?』と言われたのです。

 私はその時、4年ほどパチスロを打っていましたが、1日で一番勝った日で30万円弱でした。4号機時代にはそのぐらい勝てたのです。けれどもそんな経験は数回ですし、今後パチスロに投じる時間を倍にしても、収入が倍になるイメージはまったく沸きませんでした。そこで目が覚め、急遽就職活動を始めました」

 幸いなことにIさんは中堅の証券会社に内定をもらい、その後、同業他社を数度転職。今は360万円より遥かに高い収入を得ている。パチンコやパチスロにハマってしまう要因としては、お金だけではなくギャンブルとしての興奮や醍醐味もあると思うが、再びパチンコ屋に入り浸ってしまうことはないのか?

「子どもが生まれてタバコを止めたこともあり、喫煙者率の高いパチンコ屋は、避けるようになりました。あと、嫌味な言い方になりますが、パチスロで動く額はせいぜい10万円単位。今の自分には動く額が小さすぎて、ギャンブルとしての魅力を感じません」

 そんなIさんは10年以上パチスロに触れていないが、デジタル時計の数字が揃っていたり、目にした数字がゾロ目だったりすると、いまだにちょっと興奮してしまうそうだ。

ジャンルで探す