「ここどこ?」 寝過ごすと危険な路線【首都圏私鉄編】

思わず寝過ごしてしまった時、特A級に危険なのは何線?(イメージ)

 首都圏の鉄道の利便性を高めているのが「相互乗り入れ」。同じ列車がJR、私鉄、地下鉄など、違う会社のレールの上を走るという形態は、世界的にも大変珍しいものだが、注意しなくてはいけないのが寝過ごし。「せっかく終電に間に合ったのに、目が覚めたら終点で……」という経験は、酒飲みなら一度や二度はあるはず。都内在住の鉄道マニアの男性(40代)が、首都圏を走る私鉄で、都内中心部から乗った場合の“乗り過ごし要注意路線”を紹介しよう。

【田園都市線~半蔵門線~東武伊勢崎線】
 かつての乗り入れは東急・田園都市線だけでしたが、反対側の東武伊勢崎線にも2003年に乗り入れるようになり、“危険度”が一気に上がりました。田園都市線の終点、中央林間は駅前がそこそこ賑わっていますが、東武伊勢崎線の終点となる南栗橋は、降りた途端にいきなり住宅街。途方に暮れること必至です。

【東西線~東葉高速鉄道】
 距離的には大したことがないものの、おサイフ的に痛いのがこの乗り越し。東西線で千葉方面に向かうと、終電間際まで、かなりの確率で「東葉勝田台行」がやって来ますが、この電車賃が曲者です。東西線を端から端まで(中野~西船橋)乗っても、電車賃は30.8kmで310円なのに対し、西船橋~東葉勝田台駅間はわずか16.2kmで630円。精神的ショックは甚大です。

【小田急線~千代田線~常磐線】
 東京のど真ん中をダイナミックに縦断し、大量の通勤通学客を運んでいるこの路線も、寝過ごし危険路線です。小田急線の終点・唐木田駅は、住民と大妻女子大学の学生以外はほとんど降りることがない街。一方、常磐線方面は、運が悪いと茨城県(取手)まで連れて行かれてしまいます。起きていられるか自信がない人は、電車を1本待って、「代々木上原行き」「綾瀬行き」など、千代田線内が終点の列車を選びましょう。

【東急目黒線~南北線~埼玉高速鉄道】
 この乗り入れが完成したことにより、神奈川県民は埼玉スタジアムまで1本で行けるようになりましたが、寝過ごすと悲惨です。埼玉高速鉄道の終点にして、埼玉スタジアムの最寄り駅・浦和美園駅の駅前の“普通の日(=サッカーの試合がない日)”の寂しさはかなりのもの。浦和美園駅行きは23時台まであるので、要注意です。

【西武池袋線~副都心線~東横線~みなとみらい線】
 首都圏の私鉄乗り入れ網の中でも、もっとも変幻自在なルートを通るのがこの路線。古くから西武池袋線を使ってきた埼玉県民は、まさか横浜の中華街まで、電車で1本で行けるようになるとは、夢にも思っていなかったのではないでしょうか。横浜で遊んで、自由が丘や渋谷まで帰ろうと思ったものの、起きたら飯能……悲劇です。

【東武東上線~副都心線~東横線~みなとみらい線】
 元町・中華街や横浜からの寝過ごしには、「森林公園」というパターンもあります。東横線は副都心線経由で、西武池袋線と東武東上線の2方向に乗り入れており、東武東上線の終点が森林公園。飯能と森林公園のどちらがマシかと言えば……なかなか良い勝負ではないでしょうか。

【京急~都営浅草線~京成ほか】
 首都圏で一番ヤバいと思うのがこの路線です。何しろ移動距離がダイナミックで、起きたら成田空港だったり、三浦半島の先っぽ(三崎口)だったりすることも。その他にも、駅前にコンビニさえない「芝山千代田」、都市計画のシミュレーションゲームのような街並みが広がる「印旛日本医大」や「印西牧の原」、神奈川方面では「京急久里浜」など、特A級に終点が遠い列車がゴロゴロ走っていますので、くれぐれもご注意を。

ジャンルで探す