楽なことばかりじゃないチンチライフ。それでも楽しいチンチライフ!いよいよ連載3年目に突入【チンチライフ100話】

【マンガ記事】チンチライフ!2周年&100回目おめでとう企画(第3弾)

「チンチラ」というモフモフな生き物をご存知ですか?猫でもうさぎでもない「チンチラ」は、近年日本でもペットとして人気のあるネズミの仲間です。

連載開始2周年を迎えるチンチライフ。今週はお祝い企画として、98~100話までを3日連続公開することになりました!第3弾は、祭さんがチンチラさんたちとの生活に考えること。本編には登場したことがない裏話をお見せします。

第100話:これからもよろしく

 

 

 

 

 

 

 

今回は、2周年&100回目おめでとう企画の最終回。

漫画家の祭さんのペットは、ネズミの一種であるチンチラとデグー。現在は、おみくじちゃんとあみだちゃんというチンチラの母子、元保護チンチラの福くん、デグーの棟梁ちゃんというネズミさんたちと一緒に生活しています。

祭さんがチンチライフの連載を通して伝えたかったことは、「ペットとの生活は楽しいことばかりではない。」ということ。そのことを伝えるためにも、自らのネズミさんたちとの生活の中で、大明神さんの「死」にまつわる諸々のエピソードははずせない、ということで、初期のお話はあえて「連載当時の現在」ではなく、大明神さん&小明神さんのコンビを中心に、過去の一番賑やかだったころを舞台に選びました。

ただ、大明神さんがすでに亡くなっていることは、ギリギリまで編集部の担当者にも伏せられていたため、制作スタッフメンバーすらも驚かせてしまったり、数話に渡った大明神編では途中、心配した読者から祭さんのもとに「一刻もはやく病院へいって!」というメッセージが届くというハプニングも…。(ご心配をおかけした読者の皆さまには、改めてお詫びと感謝をこの場でお伝えしたいです。)

ペットとの生活は、SNSで見るような「可愛い」「楽しい」ばかりではありません。お世話には時間と手間がかかり、食事代に飼育グッズ、病気になれば治療代がかさむという現実があります。とはいえ、ペットが教えてくれることも沢山あります。祭さん自身も、これまでに紹介したドラマチックなエピソードの数々の中で、亡くなった子には命の大切さを学び、産まれた子には命や愛の神秘、保護した子には飼い主の責任を学びました。

最近では読者のかたから祭さんに、「このお話をきっかけに、デグーやチンチラをお迎えしました」というメッセージがきたりするそうです。その反響を嬉しく思いながらも、ペットを飼うというのは、どんなに小さな生き物であっても、その子の命を預かるということをしっかりと理解したうえでお迎えしてほしい…と願わずにはいられません。

「まあ、なんだかんだ言いましたが、お迎えを検討している方々に一番言いたいのは、デグーとチンチラはいいぞ!ということです。」と力説する祭さん。今日も4匹のネズミさんたちとともに、ドタバタとしつつも、にぎやかな日々を送っています。

いよいよ3年目に突入したチンチライフ、今後もどうぞよろしくお願いいたします。

【マンガ記事】チンチライフ!

チンチラさんたちと、飼い主の漫画家・祭さんが織りなす、ドタバタな毎日。チンチラって何?という方から、チンチラの飼い主さんまで、初めて情報からディープなチンチラ情報まで、楽しくお伝えしていきます。

前回のお話

チンチライフをもっと読みたい方はこちらも

ジャンルで探す