車は「購入」or「リース」どちらがお得?個人リースに向いている人、向いていない人

車の購入は、人生において高価な買い物のひとつ。新車であれ中古車であれ数十万円から数百万円単位のお金が必要になります。

一括でポンと支払えるような資金があればあまり気にはなりませんが、たいていの場合は分割で購入をしたりするでしょう。

最近は、今まで通りの買い方に加えて「リース」という買い方が選択肢として出てきたことにより、買う側からすれば多様な選択肢に見える反面、それが悩みの種になることも。

そこで今回は、車を買う時に従来通りの買い方をするべきか、それともリースにするべきか、これらのポイントについてメリットとデメリットを交えて解説していきます。

最近増えてきた「個人リース」の選択肢

最近、個人の方を対象にした車のリース商品を各社が出してきています。その名称は会社によって異なりますが、『マイリース』などと呼ばれています。

リースと聞くと、法人(会社)が業務用途でリース会社から車を一定期間借りる、というイメージが強いのではないでしょうか。もちろんそのイメージは正解で、法人向けに用意されていた商品を個人顧客でも気軽に利用できるようになった、という理解をすればわかりやすいかもしれません。個人リースは、車の新しい所有の仕方として注目されつつある商品なのです。

購入とリースの違いってなに?

次に購入とリースの違いについて見ていきます。前者は従来通り「自分の所有物(財産)」として車を自己保有することができます。一方後者は「リース会社の所有物(車)を一定期間借りる」ことで使用することができます。

借りるといってもレンタカーではないので、「わナンバー」がついているわけではありません。車の外観を見ただけでは自己所有もリースも見分けがつかないのです。

ここで決定的な違いを述べると、購入(自己所有)の場合は車両代金に加えて車検や点検、税金といった出費がその都度発生しますが、リースの場合はプランにもよりますが車両代金と税金、点検費用や任意保険を「毎月決まった金額」支払えばOK、という違いがあるのです。

リースするなら注意すべきこと

それでは、個別にメリットとデメリットを見ていきましょう。

リースの場合、前述したように保有期間の車両代金や税金、整備費用、任意保険の費用を毎月一定額支払うことですべてが賄えるという点が大きなメリットとなります。点検整備の際に交換部品があった場合でも、リース会社が費用を支払ってくれる(契約内容による)ので、急な出費もなく安心できます。

フリーランスとして車を業務に使用している場合、車のリース費用は全額経費として計上でき、車に関する費用計上もしやすくなるのもポイントです。

ですがリースの場合、その車が気に入ったとしても、契約期間が終わってしまうと返却しなければなりません(最近は「残クレ」のように期間終了後に「買取」を選べる場合もあります)。

最大のデメリットとしては、契約期間中に車が必要なくなり返却しようとした場合「中途解約」となり、高額な違約金を支払わなければならない可能性があります。キャンセル料の計算方法はプランによって異なりますが、「毎月のリース料×残りの契約月数+α」で計算するのが一般的です。

また、リース満了時に車の傷が一定以上あると修復しなければならない、などといった契約もありますので注意する必要があります。

購入すると自由だけれど…

参考までに車を自己所有するケースも確認しておきましょう。

自己所有の場合はリースよりも自由度が高いのが特徴ですが、毎年5月にやってくる自動車税や車検時に支払う自賠責保険、重量税など、車のイベントごとに出費が必要になってきますので、それに備えた準備が必要となります。

ですが、リースと違って自分が手放したいタイミングで車を手放すことができたり、ライフスタイルの変化によって車を買い替えたりすることが自由にできます。自分好みにカスタマイズしても大丈夫、というのも大きなポイントですね。

車の用途によって買い方を考えよう

このように、リースにおいても自己所有においてもメリットとデメリットが混在しています。

通勤や業務で車を使用する場合はリースの方がトータルで見るとお得の場合がありますし、日常生活の買い物程度でしか車を使わなかったり、新しい車に頻繁に乗り換えたいという場合には自己所有した方が満足度が高くなる場合もあります。

ご自身で使い勝手のいいプランを選択することが最善なので、よく吟味することをおすすめします。

ジャンルで探す