「WEB面接だからって甘くみてない?」面接官が見ているNGポイントとポイント

就活の時、「絶対に大丈夫だ」と自信満々で臨んだのに、不採用になってしまったという経験をした方もいるかもしれません。

準備して臨んだ就活のはずなのに落ちてしまうとさすがに落ち込みますが、もしかしたら、注意しておきたいポイントがずれている可能性もあるかもしれません。

就活では、ポイントを意識し、NG行動を避けることが大切です。具体的にどのような行動がNGポイントなのでしょうか?ここでは、就活で気をつけたいNGポイントについてご紹介します。

気をつけたいNGポイント5つ

ではここで、気をつけたいNGポイントを説明します。良かれと思ってアピールしていたことが実はNGだったということもありますので、チェックしてみましょう。

NGポイントその1:ルールが守れない

企業側は、社会のルールを守ることができる人を求めています。一度社会に出ると多くのルールの中で仕事をする必要があるからです。例えばエレベーターの中や、待ち時間中に友達同士で話すことはもちろんNGです。「社会的常識がない」と思われてしまうでしょう。

NGポイントその2:話の優先順位がつけられない

話の優先順位が分からない話し方をするのはNGです。分かりやすくいうと「何が言いたいのかわからない話し方をしない」ということです。会社では、上司や相手企業とコミュニケーションが発生します。そこで企業は、だらだらと話す人ではなく、結論がはっきりと言える人、つまり話の優先順位をはっきりと言える人を求めています。

NGポイントその3:集団面接で話を独占する

集団面接の時にチェックされるのは、「集団行動のできる人か」という点です。グループでプロジェクトを進める場合、協調性があるかどうかが大切なポイントになります。自分をアピールしたいと積極的になりすぎて、周りの人の話を独占するのはNGです。

NGポイントその4:質問ができない

大抵の場合、面接の最後に「最後に何か質問がありますか」と聞かれます。この時、質問に答えることができないのはNGです。質問は企業側を知り、自分のことを知ってもらうためのチャンスなので、ここでアピールして自分のことを知ってもらいましょう。

反対に何も質問がない人は「企業のことを調べて来なかった人」「積極性のない人」とみられることがありNGポイントです。

NGポイントその5:企業に関して何も発言できない

就活で受ける会社のサービスを活用したことがない、企業の今後の課題点について何も発言することができないなど、企業のことについて何も知らないのはNGです。

本当にこの企業で働きたいのか、仕事に対する取り組み方は大丈夫なのかと思われマイナスの評価になることも。就活で受ける会社の特徴などをよく調べ、どうしてその会社で働きたいと思ったのか自分なりに言えるようにしましょう。

面接官が見ているポイント3つとは?

では、面接官はどんなことを見ているのでしょうか。ここでは面接官が見ているポイントに注目してみましょう。質問は企業を知ることができるのと同時に、自分のことを知ってもらうチャンスです。

ポイント1:最初の5秒を大切にしよう!

就活中、面接官はいろいろな角度からチェックをします。特に第一印象は大切なポイントです。実は第一印象は5秒で決まると言われていることをご存知でしょうか?短時間で、好印象を持ってもらうために、最初から笑顔や姿勢などに注意を払いましょう。

ポイント2:聞く態度

就活中は、話すことだけでなく「聞く態度」もチェックされています。相槌を打ったり、アイコンタクトを取ったりして、相手の話に敬意を持った「聞き方」をするように心がけましょう。

ポイント3:行動特性

企業は「うちの会社でどのように活躍してくれるか」を知りたいと思っています。面接の際、自分のこれまでの経験やスキルについて、質問や相談を交えながら伝えることができるようにしておきましょう。

WEB面接の注意点は?

WEB面接だからと甘くみていたら要注意です。WEB面接でも、面接の時の注意点はほとんど同じです。ここでもう一度WEB面接の注意点を見直してみましょう。

第一印象を大切にする

WEB面接の時も第一印象は大切です。面接が始まる前から、笑顔を忘れないようにしましょう。また明るいトーンで話すことを心がけましょう。

身だしなみは、第一印象を決定づける上で特に大切です。WEB面接でもきちんとした格好をするように心がけましょう。特に下半身の服装は、たとえカメラに映らないとしても気をつけましょう。

室内を整える

室内が散らかった状態で、WEB面接を受けることのないようにしましょう。また、特に家族と同居している場合、周りの環境に注意し、騒音が入らないように気を配ることは大切です。

カメラの位置も大切です。WEB面接の前にカメラの写り具合をチェックするようにして、鼻だけが写っている…口元だけが写っているということにならないようにしましょう。

まとめ

面接の際は社会人として適応することができるのか、この会社で働くことができるのかを見るために、思いがけないところをチェックされています。面接官がどんな所を見ているのか、ポジティブポイントやNGポイントをしっかりと把握しておきましょう。

だだ、NGポイントを「やらない」というだけでなく、どうしてそれがNGなのかを理解するようにするといいでしょう。そうすることで、採用され入社した時に、一人の社会人として自分で考えて行動するための訓練にもつながるでしょう。

ジャンルで探す