緊急事態宣言 首都圏1都3県の2週間延長が決定

精神科医・樺沢紫苑の「読む!エナジードリンク」出口の見えないストレスの対処法

 

 はじめまして。今回より「樺沢紫苑の読む! エナジードリンク」を連載することになりました、精神科医で作家の樺沢紫苑です。私の名前を初めて聞いた、という人もいるかもしれません。初回ということもあり、自己紹介をさせていただきます。

 

 

 精神科医、作家として33冊の本を出版、累計150万部以上。代表作としては、『学びを結果に変えるアウトプット大全』(サンクチュアリ出版)が58万部、昨年出版したコロナ疲れを解消する一冊『精神科医が教えるストレスフリー超大全』(ダイヤモンド社)が16万部と大好評です。

 

 また、YouTubeでも情報発信をおこない、『精神科医・樺沢紫苑の樺チャンネル』はチャンネル登録者数26万人で、すでに2800問の悩み・質問に答えている、日本一の精神科医YouTuberでもあります。

 

 私のビジョンは、「情報発信による病気の予防」そして、メンタル疾患や日本人の自殺者を減らすこと。日本人がもっと楽に、そして楽しく生きられるように、日々の「ストレス」や「つらさ」を解消できるような話を、この連載でお届けしていきます。

 

 さて今回は、いつまで続くかわからない「長期的なストレス」(抜けないトンネル)の対処法をお伝えします。

 

 あなたは今、たった一人で、真っ暗なトンネルの中を懐中電灯ひとつで歩いています。かれこれ30分も歩いたでしょうか。しかし、出口はまったく見えません。このまま歩き続けて大丈夫なのか? 引き返したほうがいいのではないか? ひょっとして、このトンネルには出口がないのか?

 

 強烈な不安に襲われ、ネガティブな考えが次々と湧き上がります。ああ、つらい。不安だ、恐ろしい。どうしよう、どうしよう。その瞬間、ずっと向こうに小さな明かりが見えました。「やった、出口だ! 助かった!」と、先ほどまでの強烈な不安は一瞬で消え去り、あなたは「安心」と「安堵」に包まれます。

 

 考えてみると不思議ではありませんか? まだトンネルを抜けてはいません。出口はだいぶ遠いので、あと10分くらいかかるかもしれない。

 

 しかし、出口(なんとかなりそうだという希望、方向性、今の問題が終了する時期や期限)が見えただけで、人はホッとする。そして、その瞬間にストレスの大部分は消えてなくなるのです。これを私は、「抜けないトンネル理論」と呼んでいます。

 

「仕事で多忙な毎日が続いている」「慣れないテレワークでストレスが多い」「次の仕事が見つからない」など、「このたいへんな状況がいつまで続くの?」という不安やストレスで押しつぶされそうになっている、「抜けないトンネル」を歩いている人は多いと思います。「コロナ禍」でストレスを抱えながら生活している私たち、全員がそうかもしれません。

 

 一見すると、「どうにもならない状況」に思えますが、対処法はあります。そのトンネルがどこまで続いているのか? 出口はどこにあるのか? いつになったら抜けられるのか? 今、直面している問題の、「期限」「終わる時期」「終わる(改善、軽減する)見込み」と、その根拠などを調べていくのです。

 

 たとえば、コロナでいえば、米国ではすでにコロナワクチン接種が開始され、日本でも2021年の2月ごろから接種が始まる予定です。またファイザー社を皮切りに、複数の会社のワクチンも実用化されています。人口の40〜80%に集団免疫が得られると、パンデミックは終了します。

 

 出口はどこにあるのか? つまり、直面している問題の解決、収束、軽減につながる「よい情報」「ポジティブな情報」をより多く集めることで、「抜けないトンネル」の出口が見えてくるのです。実際にトンネルを抜けるのは先であったとしても、今すぐに「不安」や「ストレス」は消失し、「安心」を得られるのです。

 

 しかし、多くの人は、その逆をやっています。人は不安になったり心配になったりすると、ネガティブ思考が強まり、よけいに「ネガティブな情報」を積極的に集めてしまうのです。

 

 たとえば、ワクチンの安全性が十分に確認されていないのに接種して本当に大丈夫なのか? コロナウイルスに突然変異が起きればワクチンが効かなくなるのでは? 東京オリンピック開催でコロナが参加国から持ち込まれ、コントロールが利かなくなるのではないか?

 

 このような「ネガティブな情報」を集めていけばキリがないし、不安はどこまでもエスカレートしていきます。多くの日本人が、今、その状態に陥っているのかもしれません。

 

 不安だらけ、ストレスだらけの生活をするのか、安心で冷静なストレスフリーの生活をするのかは、その人が集める「情報」の内容・質によって左右されるのです。

 

 どれだけポジティブ思考の人であっても、「ネガティブな情報」しか入ってこなければ、不安やストレスは必然的に強まります。それが長期化すると、メンタルもやられる。うつ病も増えるし、自殺の可能性も高まります。

 

「抜けないトンネル理論」で、もうひとつ重要なポイントがあります。それは、「苦しい、つらい、どうしようもない」とストレスがピークに達している瞬間。後から振り返ってみると、それは「トンネルを抜ける直前」である可能性が高いのです。

 

 トンネルの真ん中あたりを歩いているときに、「つらい、苦しい」がピークに達することは、あまりないでしょう。ですから、あなたが今「つらい」「苦しい」「もうダメ」と思っているとしたら、それは「トンネルを抜ける」「出口はもうすぐ」という徴候なのです。登山でも、頂上に到達する直前がいちばんつらい。それと同じです。

 

 なので、あなたが今、「つらい」「苦しい」「もうダメ」と思っていても、あきらめないでほしいのです。それは、「絶望」の徴候ではなく、「ゴールはもうすぐ」という徴候なのです。「つらい」「苦しい」と思っている「今」こそ正念場。ココさえ踏ん張れば、トンネルを必ず抜けることができます。

 

 抜けないトンネルは、ない。ただし、歩き続けることが前提です。あなたの不安とストレスを取り除く、読むだけで元気になれる「ポジティブな情報」を、次回からもドンドン発信していきます。お楽しみに。

 

 

かばさわしおん
樺沢心理学研究所代表。1965年、北海道札幌市生まれ。札幌医科大学医学部卒。YouTubeチャンネル「樺沢紫苑の樺チャンネル」やメルマガで、累計50万人以上に精神医学や心理学、脳科学の知識・情報をわかりやすく伝える、「日本一アウトプットする精神科医」として活動

 

イラスト・浜本ひろし

 

(週刊FLASH 2021年1月19日・26日合併号)

ジャンルで探す