コネタ

スタンフォード式「夜ラーメン」のやめ方

やめたいのに、やめられない習慣

真夜中にうずく欲望――。いけないとわかっているのにやめられない。いや、いけないからこそ燃え上がるのか。

私が夜ごとに悶々としてしまうやっかいな相手、それはラーメンです。夜中に食べるラーメンは、どうしておいしいのでしょうか。太ることがわかっているのに、つい食べてしまいます。小腹が空かないように、夜は早く寝てしまえばいいとわかってはいるのですが。やめたいのにやめられない習慣はどうやったらやめられるのでしょうか。

プレジデント 2017年12月4日号発売中!特集は「『脳』の科学」です

そんな私の悩みに解決のヒントをくれたのが、スタンフォード大学の心理学者であるケリー・マクゴニガルさんです。

ケリーさんのスタンフォード大学での講義では感激して泣いてしまう学生もいるというほどの人気です。その講義を書籍化した著書『スタンフォードの自分を変える教室』は60万部のベストセラーになり、世界20カ国で刊行されています。そのケリーさんがプレジデント読者のためだけに取材に答えてくれました。

「明日からやめる」は典型的な間違い

やめたい習慣にどう立ち向かえばよいのか。私の場合はどうかと考えてみると、「明日からやめる」と決めることでした。今日は最後のお楽しみとして盛大に深夜のラーメンを食べまくれば、翌日から気持ちを新たにして強い意志が発揮できるような気がするからです。

ケリーさんに聞いてみると、にっこりと素敵なスマイル。でも、これは典型的な間違いだといいます。今日ではなく、明日から何か別のことをしようと思うと、なぜか人は今の自分より強い意志が発揮できる、明日からのほうが変化をもたらすのは簡単だと勘違いしてしまうのだそうです。

では、どうしたらいいのか。ケリーさんに教えていただいた方法はとても意外で、「そんな簡単でいいの!?」と思わず目を丸くするような方法でした。

それは「明日も今日と同じことをするのだと想像してみる」ということ。深夜にラーメンを食べれば、太ってしまうことは誰でも知っています。それが明日も、明後日も、来週も、来年も続いている。そう考えるとぞっとしませんか?

このままの毎日が続けばどうなるか

このときに働かせるのは、強い意志ではなく、このままの毎日が続けばどうなるか、という予想だというのです。これなら僕も夜中のラーメンをやめられそうだと勇気がわきました。

ほかにも「一生ラーメンは食べない」という固い決意は意味がない、というお話もうかがいました。どうすればいいかといえば、「10分間だけ我慢してみる。10分待ってもまだ食べたいなら食べてしまう」と自分を許してあげること。一生は我慢できなくても、10分間なら何とかやり過ごせるかもしれない。ちょっとした工夫で変化を起こすことが重要だといいます。

ケリーさんによる「夜中のラーメンのやめ方」を掲載したプレジデント最新号、特集「『脳』の科学」では、ほかにもノーベル賞受賞のシカゴ大学のリチャード・セイラー教授による『「年収300万円でもリッチになる」脳のエクササイズ』など、人生を丸ごと変えてしまう脳の秘密を徹底解明しています。ぜひご一読ください。