実車 新型トヨタ・スープラ 内装/スペック/3.0ℓ直6と2.0ℓ直4に デトロイトショー

photo: Keisuke Maeda(前田恵介)
photo: トヨタ自動車

17年ぶりの復活

トヨタは、デトロイト・モーターショーで、新型スープラを世界初公開した。ここでは、その実車写真をご紹介しよう。なお日本発売は、2019年春頃を予定している。

86より100mm短いホイールベースは2470mmと発表された。チーフエンジニアの多田哲哉がこだわった、ホイールベースとトレッドの比は1.55。他の量産スポーツカーと比較してもトップレベルの小さな値を達成し、回頭性に寄与。また、前後重量配分は50:50、重心高は水平対向エンジンの86よりもさらに低いという。

室内はシフトバイワイヤ式のシフトレバー、8.8インチTFTメーター、大型フルカラーヘッドアップディスプレイで構成される新世代レイアウト。

エンジンは、3.0ℓ直6ツインスクロール・ターボ、2.0ℓ直4ツインスクロール・ターボを用意。後者は、出力違いの2種類を揃えた。

サスペンションは、前:ダブルジョイント・スプリングストラット式、後:マルチリンク式。一部グレードにアダプティブ・バリアブルサスペンション・システムを搭載し、選択中のドライブモードと路面状況に応じて、4輪のショックアブソーバーの減衰力を制御する。また、VSC(車両安定性制御システム)と連携しながら、電子制御多板クラッチによって後輪左右間のロック率を0〜100の範囲で無段階に制御するアクティブ・ディファレンシャルを搭載する。

新型スープラ(日本仕様) 主要諸元

車名トヨタ・スープラ
グレードRZSZ-RSZ
エンジン2998cc直6ターボ1998cc直4ターボ
トランスミッション8速スポーツAT
駆動方式FR
最高出力340ps/5000-6500rpm258ps/5000-6500rpm197ps/4500-6500rpm
最大トルク51.0kg-m/1600-4500rpm40.8kg-m/1550-4400rpm32.6kg-m/1450-4200rpm
0-100km/h加速4.3秒5.2秒6.5秒
全長4380mm(トヨタ社内測定値)
全幅1865mm(トヨタ社内測定値)
全高1295mm(トヨタ社内測定値)1290mm(トヨタ社内測定値)
ホイールベース2470mm
前トレッド1594mm1609mm
後トレッド1589mm1616mm

ジャンルで探す