ボルボXC40が、2018-2019 日本カー・オブ・ザ・イヤーを受賞

2年連続の快挙

2018-2019 日本カー・オブ・ザ・イヤーの最終選考会が東京都で開催され、ボルボのコンパクトSUV、「ボルボXC40」が受賞した。

XC40は、次点のトヨタ・カローラ・スポーツに50点以上の差を付けて、363点を獲得している。

また、ボルボの受賞は昨年(2017-2018)のボルボXC60に続いて2期連続の快挙だ。

なお、イノベーション部門賞は「ホンダ クラリティPHEV」、エモーショナル部門賞は「BMW X2」、スモールモビリティ部門賞は「ダイハツ・ミラトコット」が受賞している。

ジャンルで探す