日本代表の汚い試合後ロッカーが拡散の誤報 海外指摘「これは多くの人に驚きだった」

サッカーのカタール・ワールドカップ(W杯)に出場する日本代表は、使用したロッカールームが汚いままだったという誤情報が出回っている。SNS上でゴミだらけのロッカー画像が拡散。海外メディアは「これは多くの人にとって驚きだった」と伝えた。

コスタリカ戦後の日本代表【写真:ロイター】

コスタリカ戦後の日本代表【写真:ロイター】

海外メディアがファクトチェック

 サッカーのカタール・ワールドカップ(W杯)に出場する日本代表は、使用したロッカールームが汚いままだったという誤情報が出回っている。SNS上でゴミだらけのロッカー画像が拡散。海外メディアは「これは多くの人にとって驚きだった」と伝えた。

 拡散された画像はゴミだらけ。床にペットボトルやビニールなどが散乱している。日本はグループリーグ2試合の後、綺麗に清掃したロッカーが話題に。しかし、今回のものは椅子なども異なるようだ。

 インドメディア「インディア・トゥデイ」は画像付きで「ファクトチェック:いいや、日本はコスタリカ敗戦後ロッカールームを汚くして去ったりしなかった」との見出しで報道。Facebook上での出来事をこう伝えた。

「コスタリカ戦の試合後、ゴミがまき散らされたロッカールームの写真が複数投稿され、拡散された。投稿した人は、これが敗戦後に日本チームが残したロッカールームの様子だと主張した」「日本のファンがドイツ戦後にスタジアムの清掃を手伝ったことで称賛されていたことを考えれば、これは多くの人にとって驚きだった」

 記事によると、同メディアのフェイクニュース対策室が検証。今年3月のW杯プレーオフ準決勝で、イタリア代表が北マケドニアに敗れた後の写真と確認されたという。当時、イタリアはW杯出場の望みがなくなり、汚れたロッカーがSNS上でバズっていた。

(THE ANSWER編集部)

ジャンルで探す