東京五輪チケットは大会イメージ色とピクトグラム

組織委が発表した東京五輪チケットのデザイン

東京オリンピック(五輪)・パラリンピック大会組織委員会が15日、観戦チケットのデザインを発表した。大会のイメージカラーと競技の「ピクトグラム」を組み合わせたもので、五輪は計59種類、パラは25種類を作成。東京・日本橋のコレド室町ではデザインが一般公開された。

用意したのは「藍、紅、松葉、藤」の4色。陸上競技などが実施される国立競技場は紅、水泳競技が行われる東京アクアティクスセンターは藍、など会場ごとに色分けされている。

この日は、パラチケットの2次抽選販売申し込みもスタート。1次の約60万枚より多い枚数が販売対象となる見込みで、五輪同様に開閉会式、人気競技の決勝が人気。チーム競技の予選などが、比較的当選しやすいと見られる。締め切りは29日午前11時59分で、結果は2月18日に発表される。

ジャンルで探す