「今年の一皿」は「鯖」 缶人気や健康志向を反映

サバのみそ煮=東京都渋谷区で2018年12月6日、江刺弘子撮影

 今年話題になり、世相を反映した食に送られる「今年の一皿」に「鯖(サバ)」が選ばれた。食をテーマに調査・研究を行う「ぐるなび総研」が6日、発表した。

 今年は西日本豪雨や北海道地震といった多くの災害に見舞われ、消費者が「サバ缶」をはじめとする非常食の重要性を再認識したことや、近年の健康志向の高まりから必須脂肪酸のエイコサペンタエン酸(EPA)やドコサヘキサエン酸(DHA)を多く含むサバに注目が集まったことが選定の理由となった。

 生産、流通や加工など水産業者でつくる大日本水産会の白須敏朗会長は、和食ブームから魚食に注目が集まったとし、サバは消費者の魚離れを防ぐ「救世主」と受賞を喜んだ。また関サバ(大分県)や金華サバ(宮城県)など各地でブランドサバが誕生し、地域活性化につながったことを紹介。持続可能な水産資源としても優等生のサバを「一皿と言わず何皿でも食べて」と呼びかけ会場を沸かせた。

 「今年の一皿」は、飲食店情報サイト「ぐるなび」の検索結果などから話題のキーワードを抽出。ぐるなび会員やメディア関係者へのアンケートをもとに選定した。今年の最終ノミネートワードは「高級食パン」「国産レモン」「鯖(サバ)」「しびれ料理」の四つ。このうち、中国・四川料理に代表されるスパイス、ホワジャオ(花椒)を使った「しびれ料理」が準大賞に選ばれた。【江刺弘子】

ジャンルで探す