見ごろ:ペルセウス座流星群、12日夜~13日未明に 

 3大流星群の一つ、「ペルセウス座流星群」が12日夜~13日未明、見ごろを迎える。今年は新月直後のため、月明かりに邪魔されずにたくさんの流れ星を楽しめそうだという。

 実際のピークは13日午前10時ごろで、明け方に近づくほど流星の出現が増える見込み。多ければ1時間に40個程度の流星を見ることができる。

 流星はペルセウス座近くの「放射点」を中心に四方八方に流れ、どの方向を向いても観察できる。国立天文台によれば「目が慣れるのに時間がかかるので、最低でも15分は観察するのがおすすめ」だという。

 流星は宇宙を漂う小さなちりが地球の大気に飛び込んで光る。彗星(すいせい)が放出した多数のちりが漂う場所を地球が横切る際、多くの流星がまとまって出現する現象を流星群と呼び、毎年決まった時期に見られる。【伊藤奈々恵】

ジャンルで探す