コネタ

『過保護のカホコ』に秘められた「家族の幸福を作るのは女性」の刷り込み

 ブログやツイッターでの婚活指南が好評のライター・仁科友里さんが、今話題のドラマ『過保護のカホコ』を参考に、“リアル・カホコ”の婚活を考察します。

  ◇   ◇   ◇  

 水曜ドラマ『過保護のカホコ』(日本テレビ系)がまもなく最終回を迎えます。

 最終回の予告から察するに、カホコ(高畑充希)と初(竹内涼真)は結婚式を迎えそうな気配です。

右からカホコ役の高畑充希、母・泉役の黒木瞳

 ずっとお母さん(黒木瞳)の言うとおりに生きてきたカホコが、反対を押し切って結婚するということは、母親からの独立宣言とも言えるので、めでたしめでたしと言いたいところです。しかし、このドラマは「母娘問題は連鎖する」というメッセージを秘めているように私には感じられました。

 母親思いの娘と、過干渉な母子関係は紙一重です。

 たとえば、私に相談を寄せたDさんは、婚活中の35歳です。お見合いの開始早々、お父さんから電話がかかってきて、お母さんの体調が悪いことを知らされました。心配になったDさんは、お見合いを切り上げて帰宅しました。今回に限らず、Dさんのお母さんは、何か突発事項が発生した場合は、必ずDさんに連絡をしてくるそうです。

 みなさんならどうしますか?

 もし、Dさんのお母さんが家に一人でいて、一人では対応できない、もしくは家に誰かいるけれど、救急車を呼ぶような状態であれば、Dさんはすぐに帰るべきだと思います。でも、Dさんの場合、家にお父さんと妹さんがいて、病気自体も緊急を要するものではなかったわけですから、お見合いを続行してよかったのではないでしょうか。

 なぜ、Dさんが家に帰ったのかを聞いてみると、「母は私でないとダメだから」という答えが返ってきました。Dさんのご両親は仲が悪いというわけではありませんが、会話はほとんどないそうです。Dさんはお母さんが何を欲しているかがわかるため、自然とお母さんもDさんを頼りにするそうです。

 不仲ではないけれど、お父さんとお母さんのコミュニケーションがしっくりいっていない。それは、このドラマも一緒です。

 カホコのお母さんとお父さん(時任三郎)は本音で物を言うことはありません。それは、カホコのばあば(三田佳子)も同じです。命に関わる病気を宣告されたにも関わらず、ばあばは「じいじがかわいそうだから」という理由で、病状を隠します。その代わり、「家族のこれからをカホコに託す」と重い責任をカホコに背負わせます。

 過干渉な母親や、依存症を抱えた叔母夫婦、非行に走りつつある従姉妹など、専門家の手を借りなくてはどうにもならないのは明らかです。ばあばには三人の娘婿もいます。にも拘わらず、社会経験もない、群を抜いて幼いカホコをノミネートした理由を、ばあばは「カホコが、家族のことを一番愛しているから」と説明します。これはばあばが「家族をまとめるのは、女性の仕事」「家族は愛でできている」と信じているからではないでしょうか。

 カホコの家庭では、「パパにカホコのことはまかせられない」とお母さんに言われるぐらい、お父さんはないがしろにされています。独善的なこの状態は見方を変えると、「女性(お母さん)が中心になって家族をまとめている」と言えるでしょう。また、お母さんは初に「私以上に、カホコを幸せにする覚悟はあるのか?」とにじりよっていますから、お母さんの過干渉的な行動は「愛すればこそ」と考えることができます。

 つまり、お母さんは、ばあばルールを守っているのです。ばあばはお母さんに子離れを促すなど、カホコの味方をしているように感じられます。しかし、「家族をまとめるのは、女性」という刷り込みや、ばあばが子ども時代のお母さんに厳しくあたったことの反動で、お母さんがカホコを極端に甘やかしたと考えると、母娘関係をややこしくしている元凶は、ばあばと言えないこともないのです。

 ばあばとお母さんの影響を受けたカホコも、当然「家族は愛でできている」「人を幸せにするのは、愛」論者ですが、カホコのお父さん方の祖父母はそこまで家族に対する思い入れはありません。おじいさんは自分の意見を言わず、眠りこけてばかり。離婚して実家に戻り、借金まで抱えている叔母さん(濱田マリ)に至っては「自分は愛のない人間」と自己分析しています。

 しかし、この家族に「居場所のない子どもたちのための学童クラブを作る」という目的ができた時、思わぬ団結力を見せます。おじいさんは教員免許、おばあさんは調理師免許を持っていて、所有する不動産もあることから、学童のオープンが比較的簡単に作れることがわかったからです。叔母さんは保育士の資格を取るという目標もできました。この家族に連帯をもたらしたのは、愛ではなく、仕事(資格)とお金(不動産)です。ばあばルールは「家族の幸福を作るのは女性」ですが、おじいさんの家庭は「家族一人一人が、自分の持ち味を活かして働くことで、幸福になる」という“分担制”を取っています。

 家族の在り方に正解はありませんが、カホコの置かれた状況から考えると、カホコに必要なのは、“分担制”方式ではないでしょうか。

結婚するカホコがすべきことは?

 カホコと初は無職同士で結婚する、というドラマならではの決断をします。いつ芽が出るかわからない(もしかしたら、一生出ないかもしれない)画家志望の初を助けたいと思うのなら、カホコがすべきことは、初を愛することではなく、お金を稼ぐことです。

 何か資格を取って学童クラブを軌道に乗せれば、生活の心配を無くすことができます。カホコが稼げれば、初は創作活動に集中することができますし、恵まれない子どもたちが悪い環境にひきずりこまれるのを阻止することもできますから、一石二丁です。カホコの口癖は「人を幸せにする仕事がしたい」ですが、どんな職業につくかはさして問題ではなく、安定して長く働き続けることで、多くの人を幸せにすることができるのです。

 前出のDさんにも“分担”をはっきりさせることを提案しました。お母さんに問題が起こった時、最初に相談すべきはお父さんであって、娘の担当ではありません。お父さんとお母さんのコミュニケーションがうまくいかないのは二人の問題なのですから、娘が解決してあげることはないのです。

 Dさんに限らず、「お母さんのお母さん役」をやっている娘は、たくさんいます。娘も大好きなお母さんを助けてあげることに、喜びを感じているのかもしれません。こういう母娘の関係を見ていると、思い出すのが「溺れている人の助け方」です。

 川や海で遊んでいて、溺れてしまった人がいたとします。みなさんなら、どうしますか?

 おそらく、「飛び込んで助ける」という人が多いのではないでしょうか。しかし、救助隊の人いわく、「飛び込むのは、NG」だそうです。溺れている人を助けるには、そもそもかなりの泳力がいります。また、服のまま飛び込んだ場合、いつもと同じように泳げずに、助けようとした人も溺れてしまうことがあるそうです。

 それではどうしたらいいかというと、なるべく多くの人を集めて、連携しながら各所に連絡を取ること。溺れている人に浮き輪をなげながら、溺れている人の位置を把握することだそうです。

 溺れている人を助けるために必要なのが、まず自分の安全確保であるのと同様に、お母さんを助けるのに必要なのは、娘が自立していること。そのためには、お母さんとある程度の距離を置くことが必要となります。愛しているから、離れる。これが娘の果たす役割だと私は思っています。

 愛という名の下に母娘共倒れしないために、どうしたらいいか。Dさんをはじめとする「お母さんのお母さん役」を果たす娘たちに、少し考えてみてほしいと思います。

(文/仁科友里)

<著者プロフィール>

仁科友里(にしな・ゆり)

1974年生まれ。会社員を経てフリーライターに。『サイゾーウーマン』『週刊SPA!』『GINGER』『steady.』などにタレント論、女子アナ批評を寄稿。自身のブログ、ツイッターで婚活に悩む男女の相談に答えている。2015年に『間違いだらけの婚活にサヨナラ!』(主婦と生活社)を発表し、異例の女性向け婚活本として話題に。近刊は、男性向け恋愛本『確実にモテる世界一シンプルなホメる技術』(アスペクト)